忖度について忖度する(下)

IMG_8341 (367x275)
 日本での忖度の初めては、平安時代、菅原道真の漢詩「敍意一百韻」だった。
 しかし、道真は学問の神様だ。一般の人間が神様の言葉を使うようになるのは、970年後の明治時代になってからになる。
 少なくとも日本国語大辞典(小学館)の用例ではそうなっている。
 一般の人間には神様の言葉は理解できなかったのか、あるいは畏れ多くて使えなかったのか。

 明治7年(1874)出版の『新東京繁盛記』は明治初期の東京の風俗を書いたもので、初編・人力車の項に忖度が登場する。
 人力車夫が言葉巧みに客を引く様子について、「人の行く所を忖度して、而(しか)して何れの帰りと唱ふものは、人をしてその廉価を思はしめて、而してこれを釣らんと欲するなり」と書いている。
 客がどこに行こうとしているのか忖度、客の考えを推し量り、「どこどこへ帰る途中だ」と言って安く乗れると思わせて人力車に乗せようとする。

 明治8年(1875)の福沢諭吉の『文明論之概略』にも忖度が登場する。
 「一国人民の智徳を論ず」で、人の心は複雑で変わりやすく推量できないと述べた後で、「他人の心を忖度す可(べか)らざるは固(もと)より論を俟(ま)たず、夫婦親子の間と雖(いえ)ども互に其心機の変を測る可らず」としている。
 忖度は天に委ねるとする学問の神様・菅原道真と同じく、慶應義塾創立の福沢先生は、人の心は忖度できないと言っている。

 これまでの例からもわかるように、忖度はインテリ用語で、出自は漢語。中国の最古の詩集『詩経』の「小雅・巧言」に忖度が出てくる。
 ちなみに朝日新聞の知恵蔵miniに「『忖度』という言葉は、中国で西暦210年に書かれた『述志令』に見られるのが初とされ・・・」と書かれているのは誤り。
 『詩経』は周代、紀元前9~7世紀に詠まれている。

 少し長いが、該当の一節を引用する。

 奕奕寢廟 君子作之
 秩秩大猷 聖人莫之 
 他人有心 予忖度之 
 躍躍毚兔 遇犬獲之 
 奕奕(えきえき)たる寢廟(しんびょう) 君子之(これ)を作る
 秩秩(ちつちつ)たる大猷(たいゆう) 聖人之を莫(はか)る
 他人心有り 予(われ)之を忖度す
 躍躍(やくやく)たる毚兔(ざんと) 犬に遇(あ)いて獲(え)らる

 これを現代文にすると、次のようになる。

 大いなる御霊屋(みたまや)は君子が作り給ひ、秩序正しい大道は聖人が定め給うた
 他人に悪い心があれば、これを推し量るは易いこと 跳ね回る狡い兎は、犬に捕まってしまうものだ

 君子・聖人の教えに従えば、他人に悪心あればこれを忖度するのは易いこと。 
 日本の君子たる首相とファーストレディは、残念ながら「他人心有り 予之を忖度す」とはいかず、狡い兎に見事騙されてしまったということか。

 『詩経』によれば、忖度すべきは官僚ではなく、安倍夫妻であったというお粗末。

忖度について忖度する(中)

IMG_8253 (367x275)
 美しい国ニッポンの美風である忖度は、いつからあったのか? 
 日本国語大辞典(小学館)によれば、何と平安時代にまで遡ることができる。
 忖度についても、教育勅語が唱える通り、「我カ皇祖皇宗國ヲ肇󠄁(はじ)ムルコト宏遠󠄁ニ德ヲ樹(た)ツルコト深厚ナリ」で、「以テ爾(なんじ)祖先ノ遺󠄁風ヲ顯彰スルニ足ラン」というわけだ。

 忖度を平安時代に用いたのは、学問の神様として今も人気がある菅原道真で、延喜3年(903)成立の漢詩集『菅家後集』の「敍意一百韻」に出てくる。

 「敍意一百韻」は右大臣の道真が政略によって左遷、大宰府に流刑されてから詠まれた漢詩で、人々の仕打ちや薄情、道真の運命と落胆、太宰府でのうらぶれた生活などの恨みつらみを語った、告白の詩となっている。
 同志と思っていた安倍夫妻に裏切られたと感じている、今の籠池さんの心境かもしれない。

 生涯無定地 
 生涯定(やす)き地(ところ)なし、で始まる詩の中の一句に次のように出てくる。

 舂韲由造化 忖度委陶甄
 舂韲(しょうせい)は造化(ぞうか)に由(よ)る 忖度は陶甄(とうけん)に委(ゆだ)ぬ

 舂は「うすづく」で穀物を臼で搗くこと、韲は「あえもの、なます」のことで、舂韲は食事を意味する。
 造化は「天地とその間に存在する万物をつくり出し、育てること。また、その道理・それを行う神」(大辞林)。
 陶は「すえ」、甄は「陶器をつくる」ことで、陶甄は陶器をつくること、転じて聖王(徳の高い君主)が天下を治めること、造物主が万物を造り上げることを意味する。

 舂韲は造化に由る 忖度は陶甄に委ぬ
 毎日の食事は天の心のままであるように、忖度、他人の心を推し量ることは天に委ねる

 虚偽の告訴により流刑となった道真の諦観の境地が表されてしみじみとするが、「森友学園」問題では、忖度は天ではなく官僚に委ねられたということか。


忖度について忖度する(上)

IMG_8245 (367x275)
 「森友学園」問題の今後の進展次第では、早くも今年の流行語大賞候補になりそうなのが、「忖度」である。

 忖度・・・比較的よく使う言葉だが、改めてパソコンで漢字変換してみると、しみじみと字面を眺めてしまう。
 ソンタクを漢字で書けと言われたら、字画は少ないが書けない。ほう、こんな字だったっけ。

 ソンは、立心偏に寸。
 立心偏は心、寸は手の指1本のことで、指をそっと置いて長さや脈を測るように、そっと気持ちを思いやること。

 忖度の度は、手尺で長さを測ること。タクと読む場合は、転じて、心の中で推し量る、見当をつけるという意味になる。
 忖も度も同じ意味で、他人の気持ちや考えをそっと推し量ること。

 「忖度する」をWeblio類語辞書で調べると、「相手の立場を考えて物事を行うこと」という語義の後に、次のような言い換えが並ぶ。
 ──気をまわす、気づかいをする、思いをくみ取る、気を利かす、気持ちを推し量る

 私が海外旅行から帰ったとしよう。
 「お刺身買ってあるわよ。お風呂も沸いてるけど、どちらを先にする?」
 連れ合いがそう答えれば、それも忖度だ。

 海外のホテルではゆっくり風呂に入ることも出来なかったろう。毎日、シャワーだったかもしれない。きっと、湯船にどっぷり浸かって疲れを癒したいに違いない。
 食事だって洋食ばかりで飽きているに違いない。日本人なら、日本に帰ってまず食べたいのは刺身だ。

 ちなみに、私が海外旅行から帰って最初に食べたいのは冷たい蕎麦。
 齟齬は往々にしてあるものの、連れ合いが私の心を推し量った、忖度に違いはない。
 私など、連れ合いに対する忖度は日に十回以上はあるし、子どもに対する忖度も昔から。
 忖度は日常に溢れている。

 忖度で注目を集めている安倍夫妻の大好きな「おもてなし」など、忖度の際たるもので、忖度の出来ない人におもてなしなんかできるわけがない。
 これまた安倍夫妻の大好きな教育勅語にしても、「爾(なんじ)臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦󠄁相和シ朋友相信シ恭儉(きょうけん)己レヲ持シ博󠄁愛衆ニ及」ぼすためには、やはり忖度は必要。

きょう‐けん【恭倹】
人に対してはうやうやしく、自分自身は慎み深く振る舞うこと。(大辞泉)

 会社や役所などの組織に生きる人間とって忖度が不可欠なのは言わずもがなで、首相夫人の付き人となった役人もおそらく優秀な人で、忖度上手だったから付き人が務まったといえる。

 では、美しい国ニッポンの美風である忖度は、いつからあったのか? 以下、次号。



著書の紹介
▼本ブログ運営者の近著です。
リンク
▼運営者の関連サイトです。



▼オンライン辞書
goo辞書  YAHOO!辞書  infoseekマルチ辞書
weblio辞書  @nifty辞書  英辞郎on the WEB

▼参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

サイト案内
調べたい言葉を、下の窓に入れて検索ボタンを押してみてください。
もしかしたら、その言葉について書かれた記事が見つかるかも・・・

▼本ブログについての説明・・・
「言葉の重さと、我が存在の軽さについて」  (2007/2/3)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
運営者

七会 静 (ななえ・しずか)

▼著書
「ハリー・ポッター」のホントの魔法事典 (廣済堂PB)
よくわかる「世界の死神」事典 (廣済堂文庫)
ナルニアへの旅 (主婦と生活社)
幻の錬金術師列伝 (主婦と生活社)
ハリー・ポッターの魔法ガイドブック愛蔵版 (主婦と生活社)

(c)NANAE SHIZUKA

メールフォーム

▼運営者への連絡にお使いください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
お知らせ
▼更新は、現在週1回程度を予定しています。
▼本ブログではFC2アクセス解析を行っています。
▼2006/6/30以前の記事は JUGEM ブログ、2011/9/30以前の記事は忍者ブログに掲載していたものです。2011/9/30以前のコメントには、移転時に一部欠落してしまったものがあります。またコメントに対しての運営者の返事はすべて欠落しています。コメントをいただいた方には、ご了承をお願いします。
▼上記移転時に、一部レイアウトの乱れているページがあります。またリンクが正しくないものがありますが、ご了承ください。
▼不適当と判断されるコメントは、断りなく削除することがあります。
▼トラックバックは受け付けていません。
▼本ブログでは著作権法の権利を保持しています。記事および写真の無断での複製・転載・送信・翻訳等はできません。
▼記事の一部を引用する場合は、本ブログからの引用であることを明記し、上の欄のメールフォームでご連絡ください。
▼リンクはフリーです。