東京地名考─さまよえるオランダ人、八重洲(下)

                                                               

武州豊嶋郡江戸庄図。濠端に町家が書かれている

沖積層基底等深線図(東京都)。色の部分は日比谷入江

地理院地図。東京駅の東側が、現在の八重洲

明治22年の東京駅付近。外濠に八重洲橋が架かっている

大正12年。東京駅ができ、橋が撤去されている

昭和5年。八重洲橋が復活している
千代田区詳細図s22 (367x275)
昭和22年。外濠埋立前、改札に八重洲口の表記がある
東京駅八重洲中央IMG_6690 (367x275)
八重洲橋のあった東京駅八重洲中央口

 和田倉門から日比谷門(日比谷交差点)まで、現在の日比谷通りに面して、江戸時代初期、ヤン・ヨーステン屋敷があったことから、この濠端はヤヨウス河岸と呼ばれたといわれる。
 江戸砂子によれば、ヤヨウス河岸は和田倉門から馬場先門までで、しかも町屋が存在したという。寛永9(1632)頃に刊行された武州豊嶋郡江戸庄図を見ると、確かに濠に沿って町屋が確認できる。

 家康による江戸城の拡張が始まる慶長までは、皇居前には日比谷入江が入り込んでいた。
 家康は神田山を削り、その土で濠を残してこの入江を埋め立てたが、寛永期まで続く江戸城の普請中、この濠端、ヤヨウス河岸が土木・建築資材や生活物資を荷揚げする河岸として機能していたことは想像に難くない。
 大名屋敷地として造成された曲輪内に、そうした作業者のための町屋が形成されていたのも頷ける。

 普請が終わり、、町屋が取り除かれたその後も、河岸名は残り、明治維新に至った。嘉永2年(1849)刊の切絵図にも、八代洲河岸の名が記されているのは、前回示した。

 ところで、ここまで読んできて、疑問を持たれた方も多いに違いない。
 というのは、現在、八重洲と呼ばれているのは皇居の内濠からは遠く離れた東京駅の反対側だからだ。おまけに、かつて八重洲河岸があった千代田区ではなく、中央区にある。

 中央区に八重洲の町名が誕生したのは昭和29年(1954)のことで、千代田区から八重洲町が消滅してから25年後のことになる。
 中央区ホームページには、「(千代田区に八重洲町が誕生してから)その後、昭和29年に八重洲となったものです」としか書かれてなくて、理由はわからない。
東京地名考─有楽町と織田有楽斎、数寄屋橋と数寄屋坊主(中)」に書いたように、有楽町の地名の由来となった織​田​有​楽斎の屋敷があったのは中央区銀座だが、明治以来、有楽町は千代田区にある。
 千代田区に有楽町があるんだから、代わりに中央区に八重洲があってもいいというわけでもないだろうが・・・

 ここからは推測だが、八重洲の町名はおそらくは東京駅の歴史と絡んでいる。
 東京で最初の鉄道駅は、誰もが知ってる新橋駅で、明治5年(1872)の開業。
 今は東京の表玄関として、新幹線を始め、さまざまな路線の始発駅であり、日本の鉄道網の基点となっている東京駅だが、開業は大正3年(1914)と比較的新しい。

 当初、改札口は皇居に面した西側にしかなく、東側に八重洲口が出来るのは昭和4年(1929)になってから。
 東京駅の東側には外濠があり、八重洲口(現在の八重洲中央口)を出たところに八重洲橋が架かっていた。

 ここに橋が架かったのは明治17年(1884)のことで、東京駅はまだなく、麹町區八重洲町にほぼ面していたことが、八重洲橋の名の由来と思われる。
 大正3年(1914)に東京駅ができると、駅舎の出入り口は西側(現在の丸の内中央口)のみで、外濠側は駅裏となり、皇居側への通行ができなくなった。そのため、八重洲橋は撤去された。
 八重洲橋が再び架橋されたのは大正14年(1925)のこと。
 昭和4年(1929)にできた東側出入り口が八重洲口となったのは、この八重洲橋があったためと思われる。

 時代は下って、戦後の昭和23年代(1948)、戦災の瓦礫処理のために東京駅東側の外濠が埋め立てられ、八重洲橋は姿を消す。

 話は戻るが、昭和4年(1929)は千代田区から八重洲町が消滅し、東京駅に八重洲口が出来た年で、八重洲の名は八重洲橋と八重洲口だけに残った。
 昭和23年(1948)代には八重洲橋も消えて、八重洲口だけに八重洲の名を留めることになる。
 こうして、戦争を挟んで20年以上、八重洲河岸と八重洲町は忘れられた存在となった。

 そうした中で、八重洲口に面した中央区に、昭和29年(1954)、八重洲の町名が誕生したのも宣なるかなだが、詳しい経緯はわからない。
 あるいは中央区役所のどこかに、当時の経緯を記す資料が眠っているのだろうか。 

『さまよえるオランダ人』はワーグナーのオペラで、永遠にさまよい続けるオランダ人船長の幽霊船の伝承を基にしたもの。
 日本に漂着し、インドシナの海で遭難したオランダ人船員、ヤン・ヨーステンもまた、死して300年後、その名を東京の地にさまよわせたというわけだ。 

東京地名考─さまよえるオランダ人、八重洲(上)

馬場先門→和田倉門IMG_1529 (367x275)
馬場先門から和田倉門へ、かつての八重洲河岸。手前は内濠

 だいぶ前に・・・と思って調べてみたら、3年半前の2013年1月28日だった。「東京地名考─有楽町と織田有楽斎、数寄屋橋と数寄屋坊主(下)」に次のように書いた。
 ──ヤン=ヨーステンが地名の起こりとされる八重洲もあって、それはいずれまた。

 結局、かかないままに時が過ぎ、1年半前に「東京地名考─桜田門にはたして桜は咲いていたのか?(上)」を書いた時に、それを思い出して、「今回は桜田。八重洲はまたいつか・・・って、また2年後か?」と自嘲した。
 2年経ってないが、話題も夏枯れしているので、書くことにする。

 八重洲の地名の起こりがヤン・ヨーステンに由来することは、わりとよく知られている。
 ちなみに、「八重洲 地名の由来」でgoogle検索すると、52,600件が引っかかる。
 そのすべてが、地名の由来を説明しているわけではないだろうが、いくつかの資料を基に書かれたものがネットには溢れている。

 同じことをわざわざ書く必要もないので、ここでは、地名の由来は、世界大百科事典からの引用で省略する。
 ──徳川家康に召しかかえられたオランダ人通訳ヤン・ヨーステンの屋敷があったため,その名に近い発音で八代洲河岸,または八重洲河岸と呼ばれるようになったという。
東京區分地図八重洲町m43 (367x275)
明治43年の八重洲町。左・内堀、右・外濠、東京駅はまだない

 ヤン・ヨーステンについては、朝日日本歴史人物事典を要約しておく。
 ──オランダの貿易家。オランダ船リーフデ号で,ウィリアム・アダムス(三浦按針)らと慶長5(1600)年豊後に漂着。徳川家康の信任を得、慶長17年から10年間,コーチシナ,パタニ,トンキンなどインドシナ半島に朱印船を派遣,南海貿易に当たる。平戸のオランダ商館と幕府の仲介役ともなった。江戸に住み日本人女性との間に娘をもうけた。元和9(1623)年バタビアから日本へ帰航の途中,インドシナで難破し死去した。

 さて、八重洲の地名の由来はヤン・ヨーステンの屋敷があったからというのは、世界大百科事典にもあるように伝承でしかない。
 この基となっているのが、明治初期の東京府志料で、八重洲町について、「町名の起源は慶長の頃ヤンヤウスと云う阿蘭陀人に此地にて邸を賜わりしよりの名なり。故に和田倉門外より日比谷に至るまでの濠端を里俗八重洲河岸と唱え来りしを、明治五年直ちに以て名とす」と説明している。
 八重洲町は明治5年~昭和4年(1872~1929)まで存在した。
     
耶楊子河岸7-150
御府内備考
八代曾河岸1-14
江戸砂子

 東京府志料の根拠となっているものの一つが、江戸後期の御府内備考で、耶楊子河岸の項に次のように書かれている。
 ──彌余子、八代洲、八代曾、八重洲とも書かせり。皆、仮借の文字なり。紫一本に云う、昔ヤヨウスと云う。異國人に此所にて屋敷を賜りしよりの名なりと。案ずるに慶長日記に十九年甲寅九月朔日、阿蘭陀人、耶楊子、需子(しゅす)二匹を献ずるよし云へたり。駿府政争録同じ、此人なるべし。

 更に遡ると、江戸中期の江戸砂子は、これを八代曾河岸(やよそかし)という項で、次のように書いている。
 ──和田倉より馬場先の御堀端を云う。昔は此所に町屋ありし也。慶長の頃、ヤンヨウス、ハチクハンなど云ふ異國人来たりしに、此辺にてヤンヨウスに町屋敷を下されしよりの名といふ。ハチクワンは八官町にて屋敷を下されけりと也。又冶容子(ヤヨウス)河岸とも云うよし八代洲河岸とも書く。

 引用が多くなったので、整理してみる。
 慶長の頃、ヤン・ヨーステンの屋敷があった場所をヤヨウス河岸(または、ヤヨソ河岸)と呼ぶようになり、八代洲・冶容子・八代曾・八重洲などの字が充てられた。
 明治になって町制が敷かれることになり、八重洲が採用されて、ヤヨウス河岸を含む一帯が八重洲町となった。
萬延江戸図大名小路(万延1_1860) (367x275)
江戸末期。和田倉・馬場先御門間の濠端に「八代スガシ」の文字

 八重洲町(1~2丁目)は、現在の丸の内2丁目のほとんど、東京駅南口から日比谷通りにかけてに相当するが、江戸時代、この辺りは御曲輪内大名小路と呼ばれ、大名屋敷地だった。
 ヤン・ヨーステンはここに屋敷を与えられたが、おそらくは内濠に面した、和田倉門から日比谷門(日比谷交差点)までの間だったと考えられる。

ここも東京、八丈島に行ってきた

IMG_4462 (367x275)
八丈島空港でサンタの橇を引くキョン

 八丈島に行ってきた。特に理由はない。

 2か月ほど前のことだ。
 連れ合いが、貯まったANAカードのマイルの使用期限が来年1月までなので、広島に行かないかと言った。
 厳島神社を見たいという。

 ──広島? 車か新幹線で行けるじゃない。飛行機でしか行けないところにしたら? 例えば八丈島とか。

 学生の頃、日本中を旅行して歩いた。北は稚内から南は与那国島まで・・・
 いや、正確に言うと与那国島は日本最西端で、最南端は沖ノ鳥島である。
 しかし、沖ノ鳥島には渡ることができないので、往来可能なのは沖縄の波照間島だが、行ったことがない。
 同じく最東端は南鳥島だが、一般人が行くことのできるのは根室で、こちらは行ったことはあるが納沙布岬には至っていない。

 当時、伊豆七島に海水浴に行くのが流行っていて、新島などは風俗の乱れが話題になっていたが、特に海水浴に行こうともナンパしに行こうとも思わなかった。
 一つ理由を挙げれば、伊豆七島は東京から近いので、いつでも行けるという考えがあった。
          
DSC01363 (367x245)
八丈富士中腹から眺めた島の様子
DSC01340 (367x245)
黒砂の砂浜
IMG_4498 (367x275)
南岸低気圧の影響で荒れる海

 あれから何十年かが経過して、海を渡って海外にも行ったが、身近な海外である伊豆七島には行かずじまいだった。
 いつでも行けると思うと行かない・・・結局はそんなものだ。

 連れ合いと話しているときに、ふとそんな思いが頭をよぎった。
 こんなときでもなければ、きっと死ぬまで伊豆七島には行かないだろう。
 八丈島を選んだのはマイルの関係と、流人の島だったということくらい。

 以上が、八丈島に行った理由。

 で、行ってみた結果は、結構面白かった。
 品川ナンバーのレンタカーで島を一周したが、島にいくつかある温泉も良かったし、魚も旨かった。
 どこに行っても島の人が挨拶してくれて、人情もまた良し。
 歴史民俗資料館では係の方が詳しく説明してくれて、島の成り立ちや文化、流人の歴史について詳しく知ることができた。

 海水浴場もあって夏には賑わうそうだが、砂浜が溶岩からできているために黒く、ハワイ島にあるプナルウ黒砂海岸と同じ。
 ──なんだ、ハワイまで行かなくても八丈島で見られるんだ。
と、ちょっと得した気分。
 遠くに青ヶ島や御蔵島の島影も望める。 

 南岸低気圧がやってきて、定期船も飛行機も欠航になり、ちょっぴり島流し気分も味わえた。
 もっとも帰りの便はなんとか強風の中を飛び立ってくれて、無事羽田へ。

 そうそう、八丈島空港でクリスマス仕様のキョンが出迎えてくれたのだが、植物園には寄らずじまいで、本物のキョンには会えなかった。
 また機会があったら、今度はキョンに会いに行くとしよう。 


著書の紹介
▼本ブログ運営者の近著です。
リンク
▼運営者の関連サイトです。



▼オンライン辞書
goo辞書  YAHOO!辞書  infoseekマルチ辞書
weblio辞書  @nifty辞書  英辞郎on the WEB

▼参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

サイト案内
調べたい言葉を、下の窓に入れて検索ボタンを押してみてください。
もしかしたら、その言葉について書かれた記事が見つかるかも・・・

▼本ブログについての説明・・・
「言葉の重さと、我が存在の軽さについて」  (2007/2/3)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
運営者

七会 静 (ななえ・しずか)

▼著書
「ハリー・ポッター」のホントの魔法事典 (廣済堂PB)
よくわかる「世界の死神」事典 (廣済堂文庫)
ナルニアへの旅 (主婦と生活社)
幻の錬金術師列伝 (主婦と生活社)
ハリー・ポッターの魔法ガイドブック愛蔵版 (主婦と生活社)

(c)NANAE SHIZUKA

メールフォーム

▼運営者への連絡にお使いください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
お知らせ
▼更新は、現在週1回程度を予定しています。
▼本ブログではFC2アクセス解析を行っています。
▼2006/6/30以前の記事は JUGEM ブログ、2011/9/30以前の記事は忍者ブログに掲載していたものです。2011/9/30以前のコメントには、移転時に一部欠落してしまったものがあります。またコメントに対しての運営者の返事はすべて欠落しています。コメントをいただいた方には、ご了承をお願いします。
▼上記移転時に、一部レイアウトの乱れているページがあります。またリンクが正しくないものがありますが、ご了承ください。
▼不適当と判断されるコメントは、断りなく削除することがあります。
▼トラックバックは受け付けていません。
▼本ブログでは著作権法の権利を保持しています。記事および写真の無断での複製・転載・送信・翻訳等はできません。
▼記事の一部を引用する場合は、本ブログからの引用であることを明記し、上の欄のメールフォームでご連絡ください。
▼リンクはフリーです。