有機野菜って何なの? 野菜はみんな有機物だろう(下)

IMG_8141 (367x275)
IMG_8142 (367x275)
有機JASマーク。上が国内品、下が輸入品

 デジタル大辞泉で「有機野菜」を引くと、「有機農産物」を参照しろと書かれていた。他の辞書には「有機野菜」の項目がない。
 
ゆうき‐のうさんぶつ【有機農産物】
農薬や化学肥料を原則として使用せず、堆肥などによって土づくりを行った水田や畑で栽培された農産物。「有機農産物」と表示して販売するためには、国が認めた登録認定機関による有機JAS認定を取得する必要がある。認定を受けた商品は有機JASマークを貼付して販売することができる。有機JAS規格を満たすには、水稲や野菜など一年生作物は植え付けや種まきの前2年以上、果物などの多年生作物については3年以上、禁止されている農薬や化学肥料を使用していない水田や畑で栽培された農作物であることが求められる。(デジタル大辞泉)

 要は、有機農産物とは人工物を使わずに、堆肥などの自然にある有機体で栽培した、つまりは有機栽培した無農薬野菜のことを言うのだが、役所が定めた言葉で、役所の定義に則って使われなければならないということだ。
 それにしても冒頭の「農薬や化学肥料を原則として使用せず」の「原則として」が引っかかる。

 JAS規格は日本農林規格のことで、農水省が定めた食品規格。農水省のサイトを見ると、「有機農産物の日本農林規格」について書かれている。
 要点はデジタル大辞泉の説明の通りだが、付け加えれば、遺伝子組み換えの種苗を使ってはならないこと、また耕作環境・種苗・農産物管理の中で農薬使用が全く皆無でないことで、「原則として」はこれを指すのかもしれない。

 有機JAS規格に適合した有機農産物には有機JASマークが表示されている。
 農水省の規定では、他に特別栽培農産物という表示があって、減農薬などの基準が決められており、「無農薬」等の表示をしてはならないことになっている。
 そういえば、最近、無農薬の表示を見なくなったが、そういうことだったのか。

 イメージが先行しがちな「有機」「オーガニック」「無農薬」の表示に網をかけて、有機農産物のブランドを守ろうということで、それはそれで正しい。
 ちなみにオーガニック(organic)は、「有機の」「有機体の」という意味。「有機栽培の」といった意味もある。

 もっとも、JAS規定外の食品もあって、例えば最近よく目にするオーガニック蜂蜜なるものは、有機JAS規格とは関係なく、オーガニックを名乗れるんだそうだ。
 もちろん石鹸や化粧品は、農産物でも畜産物でも、その加工食品でもない。

 ところでオーガニック蜂蜜って何なんだろう?
 ミツバチがどこで咲いていた花から蜜を採ってきたかなんて、当のミツバチに聞いてみなきゃわからないじゃないか。

 仮に俺が育てているゴーヤの蜜を持って帰ったとして、肥料はたぶん化成肥料だぞ。
 ベランダまでくる間には排気ガスだってpm2.5だって吸い込んでるかもしれない。
 ミツバチのテリトリー内のすべての植物がオーガニックに育てられているというのは人里離れた山の中ならありそうだけど、それでも人家の花壇だって畑だってあるだろうし。
 本当のところは、やっぱりミツバチに聞いてみなきゃわかんないんじゃなかろうか。

有機野菜って何なの? 野菜はみんな有機物だろう(上)

IMG_7498 (367x275)
 家族と食事をしている時に、有機野菜の話題になった。
 スーパーに行くと有機野菜のコーナーがあったり、有機野菜専門の八百屋もあったりする。
 オーガニックとおしゃれに言う場合もあって、野菜だけでなく、最近では化粧品やコーヒー豆などにも謳われている。

 オーガニックに拘る人も世の中には多いが、アレルギーなど肌に合う合わないのある化粧品や石鹸などを除けば、我が家ではそれほど気にしていない。
 で、へそ曲がりの私が聞いた。
「有機野菜って何なの? 野菜はみんな有機物だろう」

 もちろん、何十年か前に有機野菜が登場した経緯は知っている。
 昔は堆肥などの自然肥料で作っていた農作物が、化成肥料になり、自然志向というか安全性への配慮から再び自然肥料へと回帰した。

 似たような問題は農薬や遺伝子組み換え農産物にもあって、これにどう対処するかはそれぞれの人の考え方・価値観にあって、良い悪いもない。
 私自身は、必要を感じないかぎりは割と無頓着だが、最近はパッケージの記載も多いので、一応は気にする。
 
 さて、話が広がり過ぎるとまた連載になってしまうので、有機野菜に話を戻す。

「有機野菜って何なの? 野菜はみんな有機物だろう」と聞いたのは、私を含めてその意味をどれだけ正しく理解しているかという疑問だった。
 有機野菜に拘る人、拘らない人、みんな。
 ちなみに有機物は有機体、すなわち生命体に象徴される炭素を含む化合物のこと。

ゆうき‐やさい【有機野菜】
⇒有機農産物

 web辞書を調べると、デジタル大辞泉にはこう書かれている。ちなみに他の辞書は出てこない。
 つまり、有機野菜は通称で、有機農産物が正しい言い方ということだ。 

 ・・・とここまで書いたところで、長くなって話が終わらなくなってしまった。
 やっぱり、今回も連載か。

コンサルタントって何者? (下)

IMG_4981 (367x275)
 ショーンKさんの経営コンサルタント経歴詐称騒動の際、テレビで経済評論家だと名乗る方が、「彼のせいで、経営コンサルタントや経済評論家が胡散臭いものだと思われたら困る」と話していた。
 私はその人が以前、経済ではなく生活評論家みたいなものを名乗って年金の必要性を説いていたように思って、少々面食らった。
 その人が言うように、コンサルタントも評論家も似たようなものなのかもしれないし、家庭経済という言葉があるくらいだから、経済も生活も大差ないのかもしれない。 

コンサルタント【consultant】
ある分野についての経験や知識をもち,顧客の相談にのって,指導や助言を行う専門家。特に,企業の経営・管理術などについて,指導や助言をする専門家。 (大辞林)

ひょうろんか【評論家】
①評論を職業とする人。
②自らは手を下さず,意見や批評を述べるだけの人を皮肉めかしていう語。 (大辞林)

 評論家は専門家でなくても良いらしく、縛りは弱いのかもしれないが、コンサルタントは一応、専門家ということになっている。
 しかし、専門家というのも曖昧な言葉だ。

せんもん‐か【専門家】
ある特定の学問・事柄を専門に研究・担当して、それに精通している人。エキスパート。(大辞林)

 ワイドショーを賑わしているコンサルタントが特定分野に精通しているかどうかは知らないが、とりあえずコンサルタントを名乗ることには精通しているということか。

 経営失敗に精通している経営コンサルタント。
 パワーポイントを使ったプレゼンに精通している経営コンサルタント。
 コンサルタントという言葉に弱いTV局に精通している経営コンサルタント。
 賄賂の使い方に精通している五輪コンサルタント。
 ・・・なるほど。

 あるIT企業に勤めている人と、こんな話をしたことがある。
 ──世の中には、いろいろなコンサルタントがいるから、ITに立ち遅れている企業を相手にした、ITコンサルタントをしてみたらどうですか?
 ──いえいえ、七会さん。ITなんてもともと怪しげな企業が多いんですから、ITコンサルタントなんて胡散臭すぎませんか?


著書の紹介
▼本ブログ運営者の近著です。
リンク
▼運営者の関連サイトです。



▼オンライン辞書
goo辞書  YAHOO!辞書  infoseekマルチ辞書
weblio辞書  @nifty辞書  英辞郎on the WEB

▼参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

サイト案内
調べたい言葉を、下の窓に入れて検索ボタンを押してみてください。
もしかしたら、その言葉について書かれた記事が見つかるかも・・・

▼本ブログについての説明・・・
「言葉の重さと、我が存在の軽さについて」  (2007/2/3)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
運営者

七会 静 (ななえ・しずか)

▼著書
「ハリー・ポッター」のホントの魔法事典 (廣済堂PB)
よくわかる「世界の死神」事典 (廣済堂文庫)
ナルニアへの旅 (主婦と生活社)
幻の錬金術師列伝 (主婦と生活社)
ハリー・ポッターの魔法ガイドブック愛蔵版 (主婦と生活社)

(c)NANAE SHIZUKA

メールフォーム

▼運営者への連絡にお使いください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
お知らせ
▼更新は、現在週1回程度を予定しています。
▼本ブログではFC2アクセス解析を行っています。
▼2006/6/30以前の記事は JUGEM ブログ、2011/9/30以前の記事は忍者ブログに掲載していたものです。2011/9/30以前のコメントには、移転時に一部欠落してしまったものがあります。またコメントに対しての運営者の返事はすべて欠落しています。コメントをいただいた方には、ご了承をお願いします。
▼上記移転時に、一部レイアウトの乱れているページがあります。またリンクが正しくないものがありますが、ご了承ください。
▼不適当と判断されるコメントは、断りなく削除することがあります。
▼トラックバックは受け付けていません。
▼本ブログでは著作権法の権利を保持しています。記事および写真の無断での複製・転載・送信・翻訳等はできません。
▼記事の一部を引用する場合は、本ブログからの引用であることを明記し、上の欄のメールフォームでご連絡ください。
▼リンクはフリーです。