不倫はいつ始まったのか?(上)


4回映画化された不倫の名作。
これは1942年、ヴィスコンティ版

ルイ・マルの不倫の名作。(1958年)
どちらも夫が殺され、結末は悲劇

 今に始まったことではないが、テレビのワイドショーは不倫ばやりで、最近は芸能人ばかりでなく政治家、それも女性議員が不倫戦線に雄々しく、いや女々しく参戦している。
 今更、不倫の話題などどうでもいいのだが、真面目な女性議員も多いだろうに、暴言・失言・不倫で騒がれることが度々だと、女性議員はろくでもないという印象ばかりが強くなってしまう。

 昔、指3本の御手当てで女を囲っていた首相がいて、不倫が原因だったのか指3本がけち臭かったのか、いずれにしても首相を辞任することになった。
 3.11のときに首相だった当時の民主党の首相だって、その前に女性問題を起こしている。

 女性議員だけを責めるのは不公平だが、だからといって不倫ぐらいいいじゃないかと言ってるわけでもなく、男でも女でも浮気心くらい誰でも持っているんじゃないかと勝手に想像しているので、書いていても歯切れが悪い。

 ただ議員の場合は、多額の税金を使って政治活動をしているので、不倫出張や宿泊代に政治活動費、つまり税金が使われているとなると、やっぱり議員を辞めろと言いたくなる。

 これは僻みでいうのではないが、こうした問題を起こす議員は、山本モナさんとの路上キスで話題をまいた男性議員を含めて、比較的美男美女が多い。
 見てくれが良いのも選挙で当選するためには必要なことで、だから議員としての資質よりも顔で政党が候補者を擁立しているというつもりはないが、でも、そう言いたい。

 もっとも、見てくれのいい候補者に投票して当選させている有権者にも責任はあって、悪人面の小沢一郎さんがこれだけ政界からスポイルされても当選する方が不思議なくらいだ。

 見てくれで当選した議員たちは、きっと当選する前から異性にモテたであろうし、浮気心が無二の親友だったかもしれない。
 当選して政治資金で浮気ができるとなれば、機会にさえ恵まれ、そこにイイ男イイ女がいれば、つい浮気心が湧いてしまうのだろう。

 これが互いに独身同士なら誰に咎められるわけでもない。
 そういえば若い議員同士の結婚も何組かあったし、独身男女の増加が社会問題となっている今日、国会議員が国会議事堂を婚活の場として利用するのも、立派な政治活動といえるだろう。
 それからいえば議員の不倫だって立派な少子化対策・・・って、子供ができたらやっぱりまずいな。

 夏の疲れが出たのか、何を書いているのやら、脳味噌はふにゃふにゃ、筆は汗で滑る。

 さて、不倫という言葉はいつからあったのか? 
 本題に入ろうとしたところで、すでに長くなった。
 以下次号・・・って不倫くらいで連載にするか?

レッドライン─テロ、北朝鮮、並びに今井絵理子議員の場合

Plaça_de_Catalunya
カタルーニャ広場。ビル群の右奥にランブラス通りがある
Les Champs-Élysées
シャンゼリゼ通り。正面が付近でテロのあった凱旋門


 先週、8月17日の木曜日、現地時間では夕方の17時頃、スペインのバルセロナ、ランブラス通りでテロ事件が起きた。
 4月20日にもパリのシャンゼリゼ通りでテロ事件があったが、実は昨年11月、旅行でこの2つの通りを訪れている。
 自分が訪れた場所で立て続けにテロが起きると、日本にいるとはいえ、さすがにテロの恐怖が身近に感じられる。

 もっとも、事件が起きた後の18日朝、民放のワイドショーはスキャンダルネタ、NHKはいつも通りの高校野球中継で、詳報はBBCの国際放送で見るしかなかったのだが・・・

 最近のイスラム国のテロ攻撃は、とにかく目立つところで事件を起こそうとしているように見える。
 ランブラス通りもシャンゼリゼ通りも、日本でいえば銀座通りのようなところで、繁華で外国人旅行者も多い。
 次はどこかと考えると、旅行中もテロに用心せざるを得ない。
 2020年にオリンピックを控えている日本だって、いつまで対岸の火事と思っていられるか。

 先日、ビデオでアメリカ映画『シン・レッド・ライン』(テレンス・マリック監督、1998)を見た。
 ガダルカナル島の激戦をアメリカ側から描いたもので、最前線で戦った兵士の勝利の喜びなどない悲惨な戦争を描いている。
 原題は"The Thin Red Line"で、Red Lineは「越えてはならない一線」という意味。

 ワイドショーでは元SPEEDの今井絵理子さんが、恋人つなぎの神戸市議とホテルに同衾して一線を越えたかどうかが問題となっているが、これもレッドラインになるのかもしれない。

 もっとシリアスな問題でいえば北朝鮮とアメリカの間にあるレッドラインで、一般にはこうした場合に使われる。
 つまり、平和的解決を捨てて軍事的解決に向かう、越えてはならない一線のことをいい、米朝間のレッドラインでいえば、北朝鮮がグァムの領海外、あるいは領海内にICBMを発射することがそれだと言われている。

 映画のタイトルに戻れば、Thinは「細い」という意味で、「越えてはならないかすかな一線」ということになる。

 テロリズムの定義は難しい。
 大辞林には「一定の政治目的を実現するために暗殺・暴行などの手段を行使することを認める主義。また、それに基づく暴力の行使」と書かれているが、伊藤博文を暗殺した安重根は日本ではテロリストだが、韓国では英雄ということになっている。

 イスラム過激主義については、それを義とするか悪とするかは、安重根同様、立場によって異なる。
 ウサマ・ビン・ラディン殺害についても、イスラム過激派にとってはアメリカ政府によるテロということになる。

 ただ、政治とは無関係な市民をターゲットにしたテロは、イスラムの大義とは無縁で、プロパガンダを目的としたテロのためのテロでしかない。
 IS、イスラム国もまた、越えてはならない一線、レッドラインを越えてしまったということになる。


明治の死語・新語 二六時中と四六時中

IMG_8360 (367x275)
 しばらく前のことになるが、大正時代に書かれた『江戸から東京へ』という本を読んでいた時に、二六時中という表現に出合った。
 自分の無知を晒すようだが、一瞬、どういう意味なんだろうと思った。

 四六時中という言葉なら知っている。
 一日中、いつも、という意味で、例えば、四六時中寝てばかりいる、とか、四六時中食ってばかりいる、というように使われる。

 これまた浅薄を晒すようだが、二六時中は四六時中の半分だから、半日のことだろうかとも思ったりしたが、文意からは四六時中と同じ意味で使われていた。

 ──二六時中機械の音がしている。

 四六時中がなぜ一日中、いつも、という意味かというと、四×六=二十四、つまり二十四時間、一日中ということになる。

 一日が二十四時間になったのは明治以降のことで、江戸時代は、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の十二刻だった。
 つまり、二×六=十二、十二刻、一日中というわけだ。
 ちなみに丑の刻は、現在の1時から3時の2時間で、これを4つに分けた3つ目、2時から2時半が丑三つ時になる。

 四六時中は、もとは二六時中で、1日が24時間となって、新しい時間に言い換えられたというわけだ。
101-3983 (248x367)
 二六時中はしゃれである。
 似たものに二八蕎麦があって、江戸時代、二×八=十六、十六文で売る蕎麦を二八蕎麦といったという説がある。
 江戸時代に書かれた浮世絵などには、「二八そば」の看板を下げた蕎麦売りの姿が描かれている。
 もっとも二×八=十六文は俗説で、そば粉8、小麦粉2の割合で打った蕎麦をいうのだともいう。

 二八蕎麦の語源については定説がないというのが定説になっているが、少なくとも江戸期以降の言葉で、二×八=十六文にしても江戸っ子らしいしゃれで、二六時中も同じように江戸っ子のしゃれかと思っていたら、そうではないらしい。

 日本国語大辞典(小学館)を見ると、鎌倉時代に元から渡来した僧、明極楚俊(みんきそしゅん)の遺稿の中に二六時中が使われていて、その外にも室町時代に用例がある。
 しゃれ気は、江戸っ子の専売特許ではなかったらしい。

 明治になって、一日が24時間になってからも二六時中はしばらく生き残っていて、夏目漱石『吾輩は猫である』にも登場するそうだが、四六時中が使われるのは意外と早く、日本国語大辞典の用例では、明治9年、萩原乙彦『音訓新聞字引』に登場している。

四六時中 シロクジチュウ 一昼一夜 廿四時ナリ

 『吾輩は猫である』は明治38~39年に『ホトトギス』に連載されたが、国木田独歩はそれよりも2年早い明治36年に『悪魔』で四六時中を使用している。
 四六時中は明治時代の新語である。独歩の方が漱石よりも、新しく登場した言葉に柔軟だったということか?

※写真は、二六時中寝ている、吾輩は猫である。



運営者

七会 静 (ななえ・しずか)

▼著書
ハリー・ポッターの魔法ワールド大図鑑 (廣済堂PB)
「ハリー・ポッター」のホントの魔法事典 (廣済堂PB)
よくわかる「世界の死神」事典 (廣済堂文庫)
ナルニアへの旅―ファンタジー・ツアー・ガイド(主婦と生活社)
幻の錬金術師列伝―賢者の石の探求者たち(主婦と生活社)
ハリー・ポッターの魔法ガイドブック 愛蔵版(主婦と生活社)

(c)NANAE SHIZUKA

リンク
▼運営者の関連サイトです。



▼オンライン辞書
goo辞書  YAHOO!辞書  infoseekマルチ辞書
weblio辞書  @nifty辞書  英辞郎on the WEB

▼参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

サイト案内
調べたい言葉を、下の窓に入れて検索ボタンを押してみてください。
もしかしたら、その言葉について書かれた記事が見つかるかも・・・

▼本ブログについての説明・・・
「言葉の重さと、我が存在の軽さについて」  (2007/2/3)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

▼運営者への連絡にお使いください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
お知らせ
▼更新は、現在週1回程度を予定しています。
▼本ブログではFC2アクセス解析を行っています。
▼2006/6/30以前の記事は JUGEM ブログ、2011/9/30以前の記事は忍者ブログに掲載していたものです。2011/9/30以前のコメントには、移転時に一部欠落してしまったものがあります。またコメントに対しての運営者の返事はすべて欠落しています。コメントをいただいた方には、ご了承をお願いします。
▼上記移転時に、一部レイアウトの乱れているページがあります。またリンクが正しくないものがありますが、ご了承ください。
▼不適当と判断されるコメントは、断りなく削除することがあります。
▼トラックバックは受け付けていません。
▼本ブログでは著作権法の権利を保持しています。記事および写真の無断での複製・転載・送信・翻訳等はできません。
▼記事の一部を引用する場合は、本ブログからの引用であることを明記し、上の欄のメールフォームでご連絡ください。
▼リンクはフリーです。