STAP細胞騒動を・・・と思ったら、通販を装った詐欺メールが来た

詐欺のコピー
 STAP細胞論文疑惑事件について書くつもりだったが、通販を装った詐欺メールが来たので、とりあえずそのことを書く。
 最近の詐欺メールは巧妙だ。東京三菱UFJの詐欺メールも相変わらず来ているし、スクエニの詐欺メールも忘れた頃に未練がましくやってくる。
 そして今度は、よくわからないmocaネット通販部

 調べてみたらファッションなどのネット通販をしているセレクトショップmocaというのは確かにある。楽天を利用しているみたいで、安いのが売りらしい。

 ネットをやっていれば一つや二つのメルマガが来るのは普通で、登録サイトによっては関連の企業からメールで案内が届いたりする。
 最初、このメールを見たとき、なにかの登録サイト経由の宣伝メールかと一瞬思った。私にセレクトショップは関係ないので、すぐに捨てようかと思ったが、そこはネット歴だけは長いので、すぐに詐欺メールかもしれないとピンと来て手が止まった。
 文面をよく見たのである。新手の詐欺メールなら、家族にも注意しなければならない。

 良く見ると怪しい。デザインセンスのなさと、文末のもっともらしく書いた意味のない不自然な文章が詐欺メールだということを白状している。
 いわゆるフィッシングサイトで、最近多い。リンクから商品を申し込み、代金を払っても品物を送ってこない。振込口座は、帰国した留学生などの使わない口座を買い取ったもので、金を騙し取ると口座を捨ててトンズラする。
 最近はこの手の詐欺が多いそうだ。

 ウイルスなど仕込まれていると困るからアクセスはしないが、まったくもって、もっともらしい。
 つくづく思う、詐欺師は頭がいい。

 STAP細胞論文疑惑事件はまた今度、なる早で・・・って、もう話題終わりかけているか。

DQ10スクエニからの巧妙なフィッシング詐欺メール

 今朝、メールをチェックしていたら次のような巧妙なフィッシング詐欺メールが入っていた。



 文面を読むともっともらしい。しかし、フィッシングサイトに誘導して再設定を行うように見せかけてパスワードを入力させ、それを使ってスクエニのアカウントを盗むという巧妙な手口なのである。
 リンクが表示されているが、不正プログラムを送られる可能性もあるので、これを見た人が好奇心で接続しないようにURLの一部にモザイクをかけた。

 文中に株式会社营团社サービスシステムとあるが、社名は中国の簡体字である。营は營が繁体字で日本の新字体は営、团は團が繁体字で日本の新字体は団である。
 この詐欺メールが中国から発信されていることは間違いない。

 さらに文末のスクウェア・エニックス会社だが、ドラクエで知られているスクエニの正式社名は株式会社スクウェア・エニックス
 スクエニを騙っているわけではなく、スクウェア・エニックス会社のサイトに間違ってスクエニのパスワードを入れた方が悪いという言い訳まで用意している。なにしろこのメールの差出人は冒頭の株式会社营团社サービスシステムなのである。

 では差出人のアドレス、リンクのURLにあるsquare-enix.comはどうかというと、ここまではスクエニのURLと同じ。これがトップページの正式なメインアドレスで、この後にスラッシュ(/)が入ってサイトの他のページを構成する。
 ところがフィッシングサイトのURLは****.square-enix.com.login.dkiki.comまでがメインアドレスで、いかにもスクエニ風を装っているわけである。このURLもおそらく偽装されていて、冒頭の差出人のアドレスも同様の偽装である。

 表題のDQ10はゲームユーザーならドラゴンクエスト10だと勘違いするようになっているが、ゲームの正式なナンバーリングはローマ数字で、表記はドラゴンクエストⅩ(DQⅩ)となる。
 つまりDQ10はドラゴンクエストⅩのことではなく、ここにも言い逃れができるようになっている。

 DQⅩは昨年8月2日にWiiオンライン版が発売されたネットワークゲーム。つまりユーザー全員がスクエニのアカウントを持っているわけで、このアカウントを盗んで悪用しようというわけだ。
 さきほどスクエニのホームページで確認したところ、すでにスクエニもこの詐欺メールに気づいていて【重要】フィッシング詐欺サイトへ誘導するメールにご注意くださいという告知が出ている。
 しかし、すでにアカウントを盗まれたユーザーもいるかもしれない。

 わたしはスクエニのアカウントを持っていないのでメールが詐欺だとすぐに気付いたが、ユーザーなら慌ててフィッシングサイトに誘導されてしまう可能性がある。
 しばらく前に子供から、「大切にしている言葉はなに?」と訊かれて、冗談で「猜疑心」と答えたのだが、冗談ともいえない世の中になった。

ブルーレイ・レコーダーも安心して買えない時代(下)



 ブルーレイ・プレーヤーを買う決心をして、ヤマダ電機で説明を聞いてきた。
 家族に話をすると、やはり録画機能が欲しいという。

「そりゃ、録画できた方がいいでしょ」と子供。
DVDの具合が悪くて、最近録画ができないのよ」と連れ合い。
 故障か? そろそろ寿命かもしれない。もっとも連れ合いの言う最近は、一昨年末に『坂の上の雲』を録画出来なかったという話だった。そのくらいに、我が家では録画頻度が少ない。
 ハードディスクの小さいBDレコーダーなら再生専用機と値段も1万円程度しか違わないし、それなら録画機にするか、ということになった。

 ヤマダ電機に行き、BDレコーダーに変更を伝えると、パナソニックと型落ちのソニーのBDレコーダーを勧められる。
 家から手描きした配線図を基に端子の確認をしているうちに、ケーブルテレビSTBからの入力はどこに繋げばいいかという話になった。
「ケーブルテレビなんですか?」
「そうだよ」 

 今まで出力の話ばかりしていて、入力の話をしていなかった。
「それなら、ソニーしかありませんね。パナソニックはアナログ入力端子がありませんから」
 正確にはパナソニックの安いBDレコーダーにはアナログ入力端子がなく、STBに接続できない。逆にソニーの新製品を見るとアナログ出力端子がないので、古いTVには接続できない。

 さらに店員はこう言った。
「ケーブルテレビを録画予約をする場合は、STBとBDレコーダーの両方に予約を入れなければなりません」
「どういうこと?」
「まずSTBに予約を入れないとその番組が映りません。次にその時間にBDレコーダーを予約しないと、それを録画することができません」
「なるほど」
「STBもBDレコーダーもパナソニックなら、i.LINKで1回で予約できるんですが」
「そんなに録画しないから、いいよ二度手間でも」

 その時、ハタと気づいた。
「DVDの具合が悪くて、最近録画ができないのよ」
 そう連れ合いが言ったのは、DVD機だけにしか予約を入れてなくて、STBに予約を入れていなかったからだ!
recoding1.jpg
①テレビをビデオチャンネルに切り替えて
番組表から番組予約画面へ
recoding5.jpg
②ケーブルテレビ(STB)の番組予約終了
recoding4.jpg
③レコーダーの録画予約画面から
外部入力録画予約を選択
recoding3.jpg
④ケーブルテレビの番組予約に合わせて
録画日・開始時刻・終了時刻を設定し
レコーダー(BD)の収録時間の予約を終了

 我が家のCATVチューナーを地デジ対応のSTBに交換したのは一昨年の秋である。
 それまで録画予約が出来ていたのなら、それまでのSTBは信号を素通ししていただけで、DVDレコーダーのチューナーがチャンネルを選んでいたことになる。
 私は録画をしたことがないのでよく覚えていないのだが、おそらくそういうことで、地デジ対応のSTBはもう一つ関所が増えたということなのだろう。

 結局、この日も1時間近く店員と話して、ようやくBDレコーダーを購入した。
 AV機器をすべて買い替えるのならともかく、私のように使えなくなったのものを順次替えていくとなると、今の自分の環境にその製品が適合するのかどうかよく聞かないと、買っても使えないということになりかねない。
 世の中便利になったようで、複雑になり過ぎた。

 メカに弱い人や老人などは、結局よくわからずに、言われるままに使えるものまで買い替えることになってしまう。
 それが役人と家電業界が結託した陰謀なのか、地デジ騒動の余波というか、今になって地デジ化の裏で蠢いていたものが見えてくる。

 まあ、俺はアナログだから、古いものを大切にしながら、多少面倒でもi.LINKなど使わずに、役人や家電業界のいいなりにもならない。
 でも、こんなせこいことをやってるから、日本がガラパゴスになって、日本の家電メーカーが衰退したのじゃないか? 消費者の利便性を考えない業界に未来はない。
 そういえば直管蛍光灯型LEDでも、日本の家電業界は共通性のない独自規格を主張して、ガラパゴス化路線を猛進しているそうだ。

 ところで、これまでハードディスクに録画してディスクに落としたのはDVDばかり。ひとつにはDVDならパソコンでも観られるし、将来BDが衰退しても安心。
 ダビング時に画質が落ちてしまうが、あまり気にしない。それでも高画質を維持したい作品のために一応BDメディアも用意してある。

 さて、結論。
 今の時代、BDレコーダーひとつ買うにも用心が必要ということ。安心できないのは中国や韓国ばかりではない。国内にも目を配らないと、とんでもないことになる。
 のんびりテレビや新聞を見ているだけでは、情報格差は広がるばかり。俺も人のことを老人だと言えない年になってきた。

 最後に二度手間のケーブルテレビでの録画方法について写真付きで書いておこう。理屈を考えればわかることだが、説明書を読んだだけではうっかりしてしまう。
 まず、STBで番組予約をする。○時○分~○時○分までというのをしっかり覚えておいて、次にBDレコーダーで外部入力録画予約を選ぶ。
 番組予約でも日時予約でもない。番組予約はSTBがしていて、その時間BDレコーダーはただSTBからの信号を記録するために開けておくだけである。だから外部入力録画予約。

 新年最初に見たビデオは『千利休 本覺坊遺文』(1989、熊井啓監督)だった。
 本当はそのことを書くつもりだったが、前段を書いているうちに長くなってしまった。もしかしたら次回書くかもしれない。


著書の紹介
▼本ブログ運営者の近著です。
リンク
▼運営者の関連サイトです。



▼オンライン辞書
goo辞書  YAHOO!辞書  infoseekマルチ辞書
weblio辞書  @nifty辞書  英辞郎on the WEB

▼参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

サイト案内
調べたい言葉を、下の窓に入れて検索ボタンを押してみてください。
もしかしたら、その言葉について書かれた記事が見つかるかも・・・

▼本ブログについての説明・・・
「言葉の重さと、我が存在の軽さについて」  (2007/2/3)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
運営者

七会 静 (ななえ・しずか)

▼著書
「ハリー・ポッター」のホントの魔法事典 (廣済堂PB)
よくわかる「世界の死神」事典 (廣済堂文庫)
ナルニアへの旅 (主婦と生活社)
幻の錬金術師列伝 (主婦と生活社)
ハリー・ポッターの魔法ガイドブック愛蔵版 (主婦と生活社)

(c)NANAE SHIZUKA

メールフォーム

▼運営者への連絡にお使いください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
お知らせ
▼更新は、現在週1回程度を予定しています。
▼本ブログではFC2アクセス解析を行っています。
▼2006/6/30以前の記事は JUGEM ブログ、2011/9/30以前の記事は忍者ブログに掲載していたものです。2011/9/30以前のコメントには、移転時に一部欠落してしまったものがあります。またコメントに対しての運営者の返事はすべて欠落しています。コメントをいただいた方には、ご了承をお願いします。
▼上記移転時に、一部レイアウトの乱れているページがあります。またリンクが正しくないものがありますが、ご了承ください。
▼不適当と判断されるコメントは、断りなく削除することがあります。
▼トラックバックは受け付けていません。
▼本ブログでは著作権法の権利を保持しています。記事および写真の無断での複製・転載・送信・翻訳等はできません。
▼記事の一部を引用する場合は、本ブログからの引用であることを明記し、上の欄のメールフォームでご連絡ください。
▼リンクはフリーです。