日光プリンスホテル営業再開・・・は悲しいニュース?


新たに打たれた日光プリンスホテル前の境界見出標
1707_12.jpg
元スキー場道路側のコテージは雨で土止めが崩れている
IMG_9393 (367x275)
解体工事が始まりシートに覆われたレークサイドホテル

 大谷石地下採掘場跡から日光路を辿り、いろは坂から中禅寺湖畔にある中禅寺金谷ホテルに到着したのは夕方だった。

 翌日はボートハウスで休んだ後、閉鎖中の日光プリンスホテルに。
 湖岸の砂浜で「日光プリンスホテル・境界見出標」と書かれた金属製の杭を見つけたが、昨年は気が付かなかったので、おそらくこの1年の間に打たれたものらしい。
 この杭の意味を知ったのは、中宮祠二荒山神社のお参りを済ませ、昼食にレストランに入った時だった。
 レストランの御主人から、2019年に日光プリンスホテルが営業を再開するという話を聞いた。

 昨年、9/29「生まれ変わる中禅寺湖(4)リッツ・カールトン開業?」に、休館中の日光レークサイドホテルがリッツ・カールトンに生まれ変わるという話を書いた。
 昨年11月の東武鉄道の公式リリースによれば、2020年夏にザ・リッツ・カールトン日光としてオープンする予定で、建物は建て直しになる。

 全室50㎡以上、温泉とスパを併設するというから、海外規格の高級リゾートホテルになる。
 宿泊料金は名護市にあるザ・リッツ・カールトン沖縄を参考にすれば、シーズンオフの平日の室料でツイン1室4万円から、夏休みは8万円からになる。
 明治時代から続く日光レークサイドホテルの歴史は失われてしまうのか。

 本紙に載っていたのか気付かなかったが、今年3月11日付の日経新聞電子版が西武ホールディングスが日光プリンスホテルの2019年以降の再開を検討していると報じていた。
 地域ニュースになっているので、あるいは地方版で報じられただけだったのかもしれない。

 気になるのは、一般向けではなく、富裕層向けの会員制ホテルにする方針と書かれていることで、ザ・リッツ・カールトン日光の開業によって、急遽浮上した案なのか? 建て替えが必要と書かれている。

 この前日、同じ日経新聞が西武ホールディングスの会員制ホテル事業参入を報じているが、会員制ホテルに宿泊するには会員権700~1200万円、年会費15~20万円が必要で、この通りだとすれば、日光プリンスホテルが営業再開したとしても、かつて日光プリンスホテルに宿泊し、再開を待ち望んでいた多くの人にとって、宿泊の叶わない無縁のホテルにしかならなくなる。
 
 湖岸で見つけた金属杭は、再整備の準備のために敷地境界線を確認するためのものだったのか。
 西武ホールディングスの公式リリースはまだないようだが、日光プリンスホテルに家族で泊まった思い出を持ち、今は親となって再び子供たちに自分と同じ思い出を残したいと再開を待ち望んでいる、かつて子供たちを失望させないでほしいと願うばかりだ。
IMG_9384 (367x275)
金谷ボートハウスからの中禅寺湖の眺め

 長らく寂れていた中禅寺湖畔がリゾート化するのはいいが、外国人向けの避暑地だった戦前に戻ってしまうのでは、庶民にとって縁遠くなるだけだ。

 今年もホームページ「日光プリンスホテル写真館」に写真を追加した。
 工事が始まれば、おそらく来年の更新はない。
 「日光プリンスホテル写真館」は、新しい日光プリンスホテルにバトンを繋ぐことができるのか? 
 それとも、思い出の繋がらないホテルとなって、これが最後の更新になるのか。
 かつての日光プリンスホテルが、そこに閉じ込められたまま昔話になってしまうのは悲しい。




運営者

七会 静 (ななえ・しずか)

▼著書
ハリー・ポッターの魔法ワールド大図鑑 (廣済堂PB)
「ハリー・ポッター」のホントの魔法事典 (廣済堂PB)
よくわかる「世界の死神」事典 (廣済堂文庫)
ナルニアへの旅―ファンタジー・ツアー・ガイド(主婦と生活社)
幻の錬金術師列伝―賢者の石の探求者たち(主婦と生活社)
ハリー・ポッターの魔法ガイドブック 愛蔵版(主婦と生活社)

(c)NANAE SHIZUKA

リンク
▼運営者の関連サイトです。



▼オンライン辞書
goo辞書  YAHOO!辞書  infoseekマルチ辞書
weblio辞書  @nifty辞書  英辞郎on the WEB

▼参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

サイト案内
調べたい言葉を、下の窓に入れて検索ボタンを押してみてください。
もしかしたら、その言葉について書かれた記事が見つかるかも・・・

▼本ブログについての説明・・・
「言葉の重さと、我が存在の軽さについて」  (2007/2/3)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

▼運営者への連絡にお使いください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
お知らせ
▼更新は、現在週1回程度を予定しています。
▼本ブログではFC2アクセス解析を行っています。
▼2006/6/30以前の記事は JUGEM ブログ、2011/9/30以前の記事は忍者ブログに掲載していたものです。2011/9/30以前のコメントには、移転時に一部欠落してしまったものがあります。またコメントに対しての運営者の返事はすべて欠落しています。コメントをいただいた方には、ご了承をお願いします。
▼上記移転時に、一部レイアウトの乱れているページがあります。またリンクが正しくないものがありますが、ご了承ください。
▼不適当と判断されるコメントは、断りなく削除することがあります。
▼トラックバックは受け付けていません。
▼本ブログでは著作権法の権利を保持しています。記事および写真の無断での複製・転載・送信・翻訳等はできません。
▼記事の一部を引用する場合は、本ブログからの引用であることを明記し、上の欄のメールフォームでご連絡ください。
▼リンクはフリーです。