東京地名考-世界文化遺産と富士見町・富士見坂(下)

 前2回で、千代田区の富士見町・富士見坂について書いたが、東京都内には他にも富士見と名のつく地名がある。
 現在、行政名として富士見の名がついているのは板橋区富士見町。但し、町名は昭和31年(1956)からで、それ以前は別の町名だった。
 そのほかにも富士見ヶ丘だとか富士見台といった名もあるが、開発地についたものが多くいずれも新しい。

 練馬区富士見台は西武池袋線にある駅名が先行してあり、町名は駅名に由来する。
 西武池袋線が武蔵野鉄道だった大正14年(1925)、貫井駅としてスタートしたが、昭和8年(1933)に富士見台駅に改称された。
 町名は昭和39年(1964)からで、それ以前は谷原。
S30模範東京全図(中野)
昭和30年(1955)・中野区富士見町
     
 地下鉄丸ノ内線に中野富士見町駅があるが、町名は中野区弥生町。
 丸ノ内線の新宿・中野富士見町間の開通は昭和36年(1961)のことで、駅名がついた当時、ここは富士見町という地名だった。
 富士見町があったのは昭和6~42年(1931~1967)のことで、現在の弥生町4・5丁目にあった。それ以前は雑色という地名だった。

 今は地名として残っていないが、南麻布4・5丁目の天現寺近くに、明治5~昭和41年(1872~1966)まで麻布富士見町があった。
 それ以前、江戸時代は屋敷地だったが、文政11年(1828)の分間江戸大絵図には広尾町の近くに富士見稲荷(現・広尾稲荷神社)が見え、この地に富士見という呼称があったことがわかる。
麻布富士見稲荷(分間江戸大絵図1828)
文政11年(1828)・分間江戸大絵図
左下が天現寺。川の東に富士見稲荷、北が廣尾丁
S22東京都区分図港区詳細図(麻布富士見町)
昭和22年(1947)・麻布富士見町
麻布富士見町の北に広尾神社(富士見稲荷)


外櫻田富士見坂
外櫻田(江戸切絵図)
嘉永2-文久2(1849-1862)・江戸切絵図
松平出羽守屋敷の北が赤坂・富士見坂

 文政12年(1829)の江戸地誌・御府内備考には富士見坂は3つあって、それぞれ赤坂、小石川、渋谷にある。

 赤坂の富士見坂は「赤坂松平出羽守殿の屋舗の前なり」とあり、現在の青山通り(国道246号線)、赤坂見附から永田町に向かう衆・参議院議長公邸前の坂。
 片側4車線、上下合わせて8車線あり、かつての坂がどのあたりだったか見当もつかないのだが、赤坂見附の交差点付近は外堀の一部であり、赤坂御門があったことを考えれば、参議院議長公邸前をいったのではないかと考えられる。
 とすれば、平河町交差点あたりから青山の方向に富士を眺めたのか。
赤坂富士見坂(御府内6-55,6) 大塚富士見坂(御府内41-66) 渋谷富士見坂(御府内備考73-108)
御府内備考。左から赤坂、小石川、渋谷

  
 小石川の富士見坂は「大塚町より護国寺門前青柳町通りをいへり」とあり、現在の不忍通り、大塚3丁目交差点から護国寺にかけての坂。
 これまた片側2車線、上下で4車線で、かつての坂はだいぶ幅が広げられているが、地図からは南側、坂下は小川が流れていた豊島ヶ岡墓地の手前であったと思われる。
 大塚3丁目の交差点から音羽方面にかけて富士が見えた。
大塚富士見坂 音羽(江戸切絵図)
左上が護国寺。南の道の東端が小石川・富士見坂

      
宮益坂
渋谷富士見坂(新撰區分東亰明細圖1876)
明治9年(1876)・新撰區分東亰明細圖
現在の宮益坂が渋谷・富士見坂

 渋谷の富士見坂は「宮益町の中ほどにあり」とあり、現在の宮益坂のこと。
 江戸時代の宮益町は道の片側にだけに家が並んでいる片側町で、明治9年の新撰區分東亰明細圖では坂名は富士見坂となっている。
 大正4年(1915)の東京市電路線図には宮益坂上・下の停留所名が記されていて、青山6丁目・中渋谷間に東京市電が開通した明治44年(1911)には、富士見坂に代わって宮益坂の呼称が定着していたことがわかる。
宮益坂(東京市電路線図1915)

 東京都内には他にも富士見坂が多数ある。江戸時代から通称として続いていたものも多いが、どれも富士山を眺めることのできた坂で、世界文化遺産となった富士山は江戸人にも係わりの深い文化遺産なのだ。

コメントの投稿

非公開コメント

富士見

おひさしぶりです。
我が家へは、中野富士見町で乗降します。

昔は地下鉄がなく、バスを使っていたと聞いていたので
地下鉄がここに開通した年と合わせて、あ、そうだったのかと思いました。

以前は、大塚三丁目に職場があったので、
富士見町から富士見坂に通っていたことになりますね。

Re: 富士見

コメントありがとうございます。
御殿場と併せてなにかと富士山にご縁があるようですね。
高層ビルが増えて都内からはなかなか富士山が望めなくなりましたが、高台では天気の良い日にはビルの谷間に見えることがあります。
私が通った小学校の校歌に富士山と筑波山が見えるとあるのを思い出しました。作詞はサトウハチローさんです。今はおそらくどちらも見えないと思います。


運営者

七会 静 (ななえ・しずか)

▼著書
ハリー・ポッターの魔法ワールド大図鑑 (廣済堂PB)
「ハリー・ポッター」のホントの魔法事典 (廣済堂PB)
よくわかる「世界の死神」事典 (廣済堂文庫)
ナルニアへの旅―ファンタジー・ツアー・ガイド(主婦と生活社)
幻の錬金術師列伝―賢者の石の探求者たち(主婦と生活社)
ハリー・ポッターの魔法ガイドブック 愛蔵版(主婦と生活社)

(c)NANAE SHIZUKA

リンク
▼運営者の関連サイトです。



▼オンライン辞書
goo辞書  YAHOO!辞書  infoseekマルチ辞書
weblio辞書  @nifty辞書  英辞郎on the WEB

▼参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

サイト案内
調べたい言葉を、下の窓に入れて検索ボタンを押してみてください。
もしかしたら、その言葉について書かれた記事が見つかるかも・・・

▼本ブログについての説明・・・
「言葉の重さと、我が存在の軽さについて」  (2007/2/3)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

▼運営者への連絡にお使いください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
お知らせ
▼更新は、現在週1回程度を予定しています。
▼本ブログではFC2アクセス解析を行っています。
▼2006/6/30以前の記事は JUGEM ブログ、2011/9/30以前の記事は忍者ブログに掲載していたものです。2011/9/30以前のコメントには、移転時に一部欠落してしまったものがあります。またコメントに対しての運営者の返事はすべて欠落しています。コメントをいただいた方には、ご了承をお願いします。
▼上記移転時に、一部レイアウトの乱れているページがあります。またリンクが正しくないものがありますが、ご了承ください。
▼不適当と判断されるコメントは、断りなく削除することがあります。
▼トラックバックは受け付けていません。
▼本ブログでは著作権法の権利を保持しています。記事および写真の無断での複製・転載・送信・翻訳等はできません。
▼記事の一部を引用する場合は、本ブログからの引用であることを明記し、上の欄のメールフォームでご連絡ください。
▼リンクはフリーです。