生まれ変わる中禅寺湖(4)リッツ・カールトン開業?

     
hotel2.jpg
IMG_0182 (367x275)
日光レークサイドホテル(上)と旧リッツ・カールトン・バリ(下)


 7月に奥日光に出かけた際に、生まれ変わる中禅寺湖(1)~(3)を書いた。
 もちろん、それで終わりのはずだったのだが、昨日、新聞でニュースを知って、(4)を追加することにした。

 「生まれ変わる中禅寺湖(2)日光レークサイドホテル休館」に、今年から日光レークサイドホテルが休館になっていることを書いた。
 老舗のホテルで、建設から相当年月が経っていて、大規模な改修か建て替えが検討されている、小規模にして高級化を図るらしいという地元で聞いた話を書いた。

 日光レークサイドホテルを所有しているのは東武鉄道だが、昨日のニュースによれば、これがリッツ・カールトンに生まれ変わるというのだ。
 正式発表ではなく、東武鉄道もまだニュースをリリースしていないので詳細はわからないが、新聞記事によれば売却ではなく、東武鉄道とリッツを運営するマリオットの協業になるらしい。

 もちろん外国人観光客を当て込んでの戦略で、地元からすれば中禅寺湖の活性化に繋がり、良いことに違いない。
 中禅寺湖畔には休業している空家も多く、これをきっかけに外部資本が入ってきて新しい施設が誕生することだろう。

 星野リゾート、リッツ・カールトンと中禅寺湖畔が高級化すれば、西武グループも指を咥えて見ているわけにはいかないと、日光プリンスホテルの再開に動き出すかもしれない。
 もっとも、ザ・プリンスのようにあまり高級化されても困るのだが・・・

 7月の日光で宿泊した中禅寺金谷ホテルだが、こちらも先月末の新聞に、東武鉄道が金谷ホテルの株式の6割強を取得するというニュースがあった。
 金谷ホテルの買収も、リッツ・カールトン開業も、一貫した戦略の上にあるのだろう。
 ちなみに、光徳牧場の前にある日光アストリアホテルも東武鉄道の所有で、神橋前にある金谷ホテルも東武傘下に入ることになる。
 
 そこで気になるのが、歴史あるレークサイドホテルの名称の存続である。
 日光を知る者にとっては残してほしい名称だが、外国人やブランド志向の日本人観光客にとっては、リッツ・カールトンの方が受けそう。 
 それとも両方くっつけて、リッツ・カールトン・レークサイドホテルとでもするか?

 リッツ・カールトンには1回だけ泊まったことがある。
 もちろん、東京ミッドタウンにあるリッツ・カールトン東京でもないし、京都でも大阪でも沖縄でもない。
 ダイアナがパリで最後の夜を過ごしたリッツホテルはリッツ・カールトンとは別もので、あちらは私などが足を踏み入れることも許されない超・超・超高級ホテル。

 泊まったことがあるのはバリ島にあったリッツ・カールトンで、ジンバラン地区にあった。
 今はアヤナリゾート&スパになっていて、リッツ・カールトンは反対側の東海岸のヌサドゥアに新しくオープンしたそうだ。
 今から十年以上も前のことで、インドネシア・ルピアに比べて円が強かったため、オーシャンビューでなければ1泊1万円台で泊まれたように思う。

 中禅寺湖畔にリッツ・カールトンができたら、宿泊は無理でもお茶ぐらいは飲めるだろうか・・・


コメントの投稿

非公開コメント



運営者

七会 静 (ななえ・しずか)

▼著書
ハリー・ポッターの魔法ワールド大図鑑 (廣済堂PB)
「ハリー・ポッター」のホントの魔法事典 (廣済堂PB)
よくわかる「世界の死神」事典 (廣済堂文庫)
ナルニアへの旅―ファンタジー・ツアー・ガイド(主婦と生活社)
幻の錬金術師列伝―賢者の石の探求者たち(主婦と生活社)
ハリー・ポッターの魔法ガイドブック 愛蔵版(主婦と生活社)

(c)NANAE SHIZUKA

リンク
▼運営者の関連サイトです。



▼オンライン辞書
goo辞書  YAHOO!辞書  infoseekマルチ辞書
weblio辞書  @nifty辞書  英辞郎on the WEB

▼参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

サイト案内
調べたい言葉を、下の窓に入れて検索ボタンを押してみてください。
もしかしたら、その言葉について書かれた記事が見つかるかも・・・

▼本ブログについての説明・・・
「言葉の重さと、我が存在の軽さについて」  (2007/2/3)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
メールフォーム

▼運営者への連絡にお使いください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
お知らせ
▼更新は、現在週1回程度を予定しています。
▼本ブログではFC2アクセス解析を行っています。
▼2006/6/30以前の記事は JUGEM ブログ、2011/9/30以前の記事は忍者ブログに掲載していたものです。2011/9/30以前のコメントには、移転時に一部欠落してしまったものがあります。またコメントに対しての運営者の返事はすべて欠落しています。コメントをいただいた方には、ご了承をお願いします。
▼上記移転時に、一部レイアウトの乱れているページがあります。またリンクが正しくないものがありますが、ご了承ください。
▼不適当と判断されるコメントは、断りなく削除することがあります。
▼トラックバックは受け付けていません。
▼本ブログでは著作権法の権利を保持しています。記事および写真の無断での複製・転載・送信・翻訳等はできません。
▼記事の一部を引用する場合は、本ブログからの引用であることを明記し、上の欄のメールフォームでご連絡ください。
▼リンクはフリーです。