東京地名考─消えた地名・護持院ヶ原(下)

護持院ヶ原(江戸名所図会) (367x295)
江戸名所図会・護持院原
分間江戸図1697 (367x270)
神田橋御門外の知足院(護持院)
享保御江戸図1725 (367x275)
享保回禄後の明地(護持院ヶ原)
1806分間江戸大絵図 (367x275)
一番原が屋敷地になった護持院ヶ原(二~四番原)。文化3年(1806)

 前二回にわたって、筑波山神社は豊島岡墓地と縁がある、という話の顛末を書いた。
 しかし、どこが東京地名考なのか?

 さて、ここからが本当の本題。
 江戸知足院は、江戸白銀町、湯島切通と2度の移転を経て、元禄元年(1688)、神田橋御門外に寺領1500石を拝領して、大伽藍を建設した。

 この時、江戸知足院は筑波山護持院元禄寺に名を改めるが、享保2年(1717)、類焼によって全焼。大塚護国寺に間借りすることになるのだが、この僅か30年足らずの間に名を残した。
 護持院のあった焼け痕は火除地となり、その後150年、幕末まで護持院ヶ原と呼ばれることになった。

 護持院ヶ原は、名所として『江戸名所図会』にも紹介されている。

護持院旧地 神田橋と一ツ橋との間、御堀の外の芝生をいう。この所は大塚護持院の旧址なり。〔元禄年間、柳原の南にありし知足院を、引きて護持院となづけられ、殿堂御建立ありしが享保回禄(火事)の後、大塚の地へ移され、後明地(空地)となる〕林泉(庭園)の形残りて、すこぶる佳景なり。夏秋の間はこれを開かせられ、都下の人ここに遊ぶことを許さる。冬春の間は、時として大将軍家ここに御遊猟あり。故にこの所を新駒が原とも唱うるとなり。世俗は護持院の原と呼べり。(一部現代表記に改めた)

 柳原は神田川南岸の土手で、「柳原の南にありし知足院」は江戸白銀町にあった知足院のことを言っていると思われる。

 挿絵を見ると、手前から四番原、三番原、二番原となっていて、二番原は説明にある林泉(庭園)のように見える。
 夏と秋には江戸市民に開放され、冬と春は将軍が馬に乗って鷹狩をしたという。
 挿絵の右に描かれているのは濠で、現在の日本橋川になる。
 
 火除地は一番から四番まであったが、二から四番は現在の神田錦町2~3丁目の神田警察通り以南、一ツ橋2丁目の共立女子大学以南。一番は神田錦町1丁目の神田橋に近い一角だったが、延享(1744~1688)の頃には屋敷地となっていたようで、その後、護持院ヶ原と呼ばれたのは二から四番だった。

 なお、享保回禄以前、実際に護持院があったのは古地図からは神田錦町2~3丁目の神田警察通り以南、千代田通り以東になる。
IMG_8464 (275x367)
「ごじいんがはら」の石碑

 護持院ヶ原のエピソードに「護持院ヶ原の敵討」というのがあって、森鴎外が小説に書いている。
 残されていれば日比谷公園のようになったかもしれないが、明治政府は護持院ヶ原を学校用地にしてしまった。
 城跡でしかない皇居に今更火除地も必要なかったのだろうが、現在のビルだらけの街並みからは少々寂しい。
 護持院ヶ原の記憶を留めるのは、ビルの谷間にある錦三会児童遊園の石碑だけになっている。
IMG_8573 (367x275)
護持院ヶ原があったあたり

 東京地名考というわりには、護持院ヶ原に関しては事実のみで考察するようなことはない。
 まあ、東京地名考に相応しいことを述べるとすれば、こうして消えていった地名も多く、開発による経済効果や効率化ばかり求める思想からは、先人の記憶や歴史の教訓は忘れ去られてしまうということだろう。

コメントの投稿

非公開コメント



運営者

七会 静 (ななえ・しずか)

▼著書
ハリー・ポッターの魔法ワールド大図鑑 (廣済堂PB)
「ハリー・ポッター」のホントの魔法事典 (廣済堂PB)
よくわかる「世界の死神」事典 (廣済堂文庫)
ナルニアへの旅―ファンタジー・ツアー・ガイド(主婦と生活社)
幻の錬金術師列伝―賢者の石の探求者たち(主婦と生活社)
ハリー・ポッターの魔法ガイドブック 愛蔵版(主婦と生活社)

(c)NANAE SHIZUKA

リンク
▼運営者の関連サイトです。



▼オンライン辞書
goo辞書  YAHOO!辞書  infoseekマルチ辞書
weblio辞書  @nifty辞書  英辞郎on the WEB

▼参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

サイト案内
調べたい言葉を、下の窓に入れて検索ボタンを押してみてください。
もしかしたら、その言葉について書かれた記事が見つかるかも・・・

▼本ブログについての説明・・・
「言葉の重さと、我が存在の軽さについて」  (2007/2/3)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

▼運営者への連絡にお使いください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
お知らせ
▼更新は、現在週1回程度を予定しています。
▼本ブログではFC2アクセス解析を行っています。
▼2006/6/30以前の記事は JUGEM ブログ、2011/9/30以前の記事は忍者ブログに掲載していたものです。2011/9/30以前のコメントには、移転時に一部欠落してしまったものがあります。またコメントに対しての運営者の返事はすべて欠落しています。コメントをいただいた方には、ご了承をお願いします。
▼上記移転時に、一部レイアウトの乱れているページがあります。またリンクが正しくないものがありますが、ご了承ください。
▼不適当と判断されるコメントは、断りなく削除することがあります。
▼トラックバックは受け付けていません。
▼本ブログでは著作権法の権利を保持しています。記事および写真の無断での複製・転載・送信・翻訳等はできません。
▼記事の一部を引用する場合は、本ブログからの引用であることを明記し、上の欄のメールフォームでご連絡ください。
▼リンクはフリーです。