魔の地下宮殿? 大谷石地下採掘場跡を訪ねる

IMG_9294 (367x275)
 7月中旬、奥日光に行ってきた。
 いつもなら東北自動車道を宇都宮で降りて、日光宇都宮道路で真直ぐ清滝に向かい、いろは坂を上って中禅寺湖畔に出るのだが、今回は宇都宮から大谷にある大谷石地下採掘場跡、大谷資料館に立寄った。

 大谷石に関しては、子供の頃、立派なお屋敷の石塀などに利用されていたくらいの印象しかなく、30年ほど前の地下採掘場跡での陥没事故が話題になったのを覚えているくらいだった。
 駐車場で車を降りると、早速切り立った崖が望めて、まるで中国の山水画の風景を見るような趣だった。

 地表に空いた穴から冷気が吹いてきて涼しい。
 資料館の入口で入場料を払って階段を降り、順路に従って進むと広大な地下空間に出る。
 寒暖計があってセ氏11度。外は34℃なので、まるで冷蔵庫に入ったよう。

 持参した上着を羽織るが、いささか空気が湿っぽくて快適とは言い難い。
 前日の雨のせいらしく、外気が流れ込んでいるあたりには、冷蔵庫の扉を開けた時のように薄い靄が漂っている。
 湿度が高いために冷やされて露点温度に達した外気が凝結して靄となっているわけだ。
IMG_9319 (367x275)
 地下採掘場跡のあちこちに説明書きがあるのだが、採掘場の説明よりは映画やテレビ・PVの撮影、コンサートや外車の新車発表レセプションに使われたという説明が多く、その時の写真も掲示されていて、むしろ貸しスタジオとしての利用が多いことに驚く。
 魔の地下宮殿的なイメージがあって、アクションものや特撮に使われているのも頷ける。

 最近では『仮面ライダー』や『リアル鬼ごっこ』『暗殺教室』『るろうに剣心』、古くは薬師丸ひろ子の『セーラー服と機関銃』にも使われたというが、どのシーンなのだろう?
 もっとも古くは戦前の『エノケンの孫悟空』でも使われているそうで、この映画は見た記憶がある。もちろん、戦後のテレビ放映でだが。

 歴史的なことでは、江戸時代には採掘が本格的に行われていて、戦中は戦闘機の工場、戦後は政府米の保管庫に利用されていたのというのが興味深い。
 陥没事故についてはその後も小規模なものが何度か起きているそうだが、ネガティブ・イメージからか、大谷資料館にそのような展示がないのがいささか残念だった。

 地上に出ると炎天下の日差し。
 駐車場に戻り、一路奥日光を目指す。

コメントの投稿

非公開コメント



運営者

七会 静 (ななえ・しずか)

▼著書
ハリー・ポッターの魔法ワールド大図鑑 (廣済堂PB)
「ハリー・ポッター」のホントの魔法事典 (廣済堂PB)
よくわかる「世界の死神」事典 (廣済堂文庫)
ナルニアへの旅―ファンタジー・ツアー・ガイド(主婦と生活社)
幻の錬金術師列伝―賢者の石の探求者たち(主婦と生活社)
ハリー・ポッターの魔法ガイドブック 愛蔵版(主婦と生活社)

(c)NANAE SHIZUKA

リンク
▼運営者の関連サイトです。



▼オンライン辞書
goo辞書  YAHOO!辞書  infoseekマルチ辞書
weblio辞書  @nifty辞書  英辞郎on the WEB

▼参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

サイト案内
調べたい言葉を、下の窓に入れて検索ボタンを押してみてください。
もしかしたら、その言葉について書かれた記事が見つかるかも・・・

▼本ブログについての説明・・・
「言葉の重さと、我が存在の軽さについて」  (2007/2/3)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

▼運営者への連絡にお使いください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
お知らせ
▼更新は、現在週1回程度を予定しています。
▼本ブログではFC2アクセス解析を行っています。
▼2006/6/30以前の記事は JUGEM ブログ、2011/9/30以前の記事は忍者ブログに掲載していたものです。2011/9/30以前のコメントには、移転時に一部欠落してしまったものがあります。またコメントに対しての運営者の返事はすべて欠落しています。コメントをいただいた方には、ご了承をお願いします。
▼上記移転時に、一部レイアウトの乱れているページがあります。またリンクが正しくないものがありますが、ご了承ください。
▼不適当と判断されるコメントは、断りなく削除することがあります。
▼トラックバックは受け付けていません。
▼本ブログでは著作権法の権利を保持しています。記事および写真の無断での複製・転載・送信・翻訳等はできません。
▼記事の一部を引用する場合は、本ブログからの引用であることを明記し、上の欄のメールフォームでご連絡ください。
▼リンクはフリーです。